監視カメラの種類とその違いを知っておきましょう

レディー

リアルタイムで見れる

パソコンを操作する女の人

セキュリティーを守ってくれる監視カメラの1つにネットワークカメラというものがあります。それ自体がIPアドレスを持ちネットに接続できるので、離れていてもリアルタイムで映像を見ることができます。

もっと見る

無線で設置も簡単

防犯カメラ

家の防犯対策の1つとして便利なのがワイヤレスの防犯カメラです。無線LANの電波が届く範囲内ならどこにでも設置できます。スマートフォンと連携させれば、外出していても自宅の様子を見ることができるでしょう。

もっと見る

見つけやすいタイプ

セキュリティカメラ

私達の安全を守ってくれているものの1つが監視カメラです。監視カメラは街頭やデパート、コンビニなど街のあちこちに設置されています。最近では、タクシーやバスにも監視カメラが設置されるようになり、事故の瞬間を捕えた映像がテレビで使われることも多くなりました。このように監視カメラが写した映像が事故や事件の手がかりにもなっているのです。そんな私達の身近に溢れている監視カメラには大きく分けて2つのタイプのものがあります。まず1つ目がボックス型と呼ばれているもので、四角い箱のような形をしていてすぐに見つけることができます。商店街やマンションの入口、駐車場などでよく見ることのできるものがこのタイプでしょう。ボックス型の大きな特徴というのが見た目ですぐにカメラがあると解ることです。カメラがあり見られていると意識させることで犯罪を抑止することができるのです。自宅の玄関付近にこのタイプの監視カメラを設置しておけば、不審者は警戒して近づかなくなるでしょう。もう1つのタイプというのが半円の形をしているドーム型カメラというものです。ドーム型カメラは天井に取り付けられていることが多く、その大きさは火災報知機程度です。球体の中は黒くなっていることが多く、その色とレンズが同化してどの部分を撮影しているのか解りづらくなっているでしょう。このドーム型はデパートや飲食店でよく使われており、気付きにくいので人に不快感や警戒心を抱かせることがありません。

いたずら防止になる

セキュリティカメラ

防犯カメラは小型化や手頃な値段になったことから一般家庭でも普及しています。車や家へのいたずらを防止するために防犯カメラを設置してもいいでしょう。簡単に設置できるものを使って対策を行ないましょう。

もっと見る